柔道整復科

併修コース

国家資格を目指しながら選手として競技を続けたり、スポーツトレーナーとしてチームで活動できるコースです。勉強と競技を両立することで、アスリートに必要な治療やケアに対する知識と技術の体得が可能です。各専攻分野に専任の指導者がいるので、本格的な活動に取り組むことができます。

Bonesetter
CHECK

医療系資格を持ったアスリート、スポーツトレーナーも目指せる!

国家資格を目指しながら選手として競技を続けたり、スポーツトレーナーとしてチームで活動できるコースです。午前中は授業で、午後からは競技活動に取り組む事ができます。基本的に練習場所は学校なので、練習が終わってから、授業の復習や希望者には個別指導を行います。勉強と競技を両立することで、アスリートに必要な治療やケアに対する知識と技術の体得が可能です。各専攻分野に専任の指導者がいるので、本格的な活動に取り組むことができます。

週1回午後から臨床実習があります。

こんな人は併修コースに向いています

  • 競技を続け、将来は医療分野で働きたい
  • 高校時代に怪我で満足に競技活動ができなかった
  • 医療系資格を持ったスポーツトレーナーに興味がある
  • 選手引退後のセカンドキャリアを考えている

併修コースの特色

Point 本格的な競技活動が可能

国家資格を目指しながら競技を続けることができます。座学だけでなく、自ら競技選手として活動することにより、アスリートに必要な身体のケアや治療、健康面においての理解が深まります。各競技には専任の指導者がおり、競技力の向上だけでなく、社会に出るために必要な挨拶や規律などの社会性も身につきます。

Point スポーツトレーナーとして選手をサポート

午後からの時間、各専攻競技にトレーナーとして帯同できます。専門学校でもトップクラスの競技活動をしている本校ではスポーツ外傷などを診る機会も多く、競技の特性や怪我の部位、選手の個性に合わせたサポート法を実践の場で学べます。授業で培った知識を応用し、スキルの向上が図れます。

併修コースの1日

Daily
Routine

先輩の声

Message 01

柔道整復師という仕事の価値を、自分の力で高めていきたい

ひかり鍼灸整骨院 院長

柔道整復師/院長

橋本 大輝さん

柔道整復科 併修コース/男子サッカー専攻
京都府出身/南丹高校卒

皆さんは柔道整復師という職業にどんなイメージを持っていますか?私は卒業後、複数の接骨院で経験を積み、2年前に自分の接骨院を開業して、この仕事を本当に面白いと感じています。私の昔からの夢は経営者。柔道整復師を目指したのも接骨院の開業ができるからです。サッカーと学業を両立する学校生活は忙しい毎日でしたが、ルネスには分野ごとに専門の先生が揃っており、合格まで親身になってサポートしてくれました。一人ひとりに寄り添ってくれる、少人数ならではの良さを感じました。自分自身でも通学中の移動時間を勉強に充てるなど工夫をしました。今も時間を作っては勉強会を開いたり、セミナーを受講するなど技術向上にも努めています。

痛みには必ず原因があり、悪くなったものは必ずいい方向に戻ります。当院では、問診・検査をとても大切にしています。ここで全てが決まるからです。後は個人にあわせた施術をじっくりしていきます。他院で治らなかった患者さんを、私の施術で改善できた時に「また施術して欲しい」と思ってもらえるよう、自分の価値、ひいては柔道整復師全体の価値を高めていくことに「やりがい」を感じています。今後は事業拡大を視野に入れながら人材育成にも取り組み、仕事の面白さが分かる柔道整復師を育てたいと考えています。

サッカーを通して、チームで何かを成し遂げる難しさや良さも学んだ。(写真は在校時の橋本さん)

Message 02

スポーツ現場での実践が多い環境。

中本整骨院

整骨院院長/スポーツトレーナー

中本 一平さん

柔道整復科 併修コース/男子サッカー専攻 卒業
山口県出身/光高校卒

現場で起こるケガの原因(どんな状況でケガをしたか)や、初期対応を身近に見たり、対応したりする機会が多くあります。選手へのテーピング施術など実践も多く積めます。

Message 03

身体だけでなく、心まで緩和するプロの整復師になりたい。

本校付属整骨院

柔道整復師

山崎 亮祐さん

柔道整復科 併修コース/硬式野球専攻 卒業
福井県出身/美方高校卒

卒業後に民間の接骨院に勤めましたが、捻挫や脱臼、筋挫傷など「急性外傷に対して的確に処置が行える技術を磨きたい」との思いから、今は学校附属の接骨院で勤務しています。甲賀での私は「野球専攻の活動」と「柔道整復師の勉強」の両方に全力で取り組んでいました。2年次に怪我をしたことから、柔道整復師一本に切り替え、現在に至っています。野球選手の夢はかないませんでしたが、整復師の仕事に選手の経験は本当に活かされていると感じます。スポーツで怪我をした患者の気持ちに寄り添い、不安を和らげることは、スポーツ経験者にしかできないことだからです。自分の強みを発揮し、身体の痛みを取るだけでなく、心まで軽やかになっていただけるような整復師を目指して、日々研鑽を積んでいます。

医療法人社団

[柔道整復師]

柴田 貴司さん

柔道整復科 併修コース 卒業 硬式野球専攻
滋賀県出身/水口高校卒

  • 柔道整復科
  • 卒業生の声
[柔道整復師]

今井 理貴さん

柔道整復科 併修コース 卒業 硬式野球専攻
鳥取県出身/鳥取城北高校卒

  • 柔道整復科
  • 卒業生の声

厚木SC(日本リーグ3部)

実業団/外野手

小山 優理さん

柔道整復科 併修コース 卒業 女子ソフトボール専攻
鹿児島県出身/神村学園高校卒

  • 柔道整復科
  • 卒業生の声

大和電機工業 ソフトボール部(日本リーグ2部)

実業団/投手

大依 春奈さん

柔道整復科 併修コース 卒業 女子ソフトボール専攻
滋賀県出身/滋賀学園高校卒

  • 柔道整復科
  • 卒業生の声

整形外科勤務

リハビリスタッフ

大庭 優香さん

柔道整復科 併修コース 卒業 女子ソフトボール専攻
福岡県出身/三瀦高校卒

  • 柔道整復科
  • 卒業生の声

整形外科勤務

リハビリスタッフ

石井 綾乃さん

柔道整復科 併修コース 卒業 女子ソフトボール専攻
神奈川県出身/座間総合高校卒

  • 柔道整復科
  • 卒業生の声

先生からのメッセージ

Teacher

柔道整復科 学科長

玉川 俊広 先生

柔道整復師は骨折・脱臼・打撲・捻挫・肉離れなどの外傷を扱う国家資格です。医師・歯科医師と同じく健康保険を使っての施術が可能です。整骨院開業を目指す以外でも、整形外科や整骨院からの求人も非常に多く、また、高齢化社会には必要不可欠な介護保険において機能訓練指導員としての資格が与えられ、デイサービスなどで活躍しています。このように資格を取得することにより、さまざまな分野において自分のライフスタイルに合った働き方ができます。

また、本校では、柔道整復師の国家資格を目指しながら、野球・サッカーなどのスポーツでアスリートとして活動している学生が多数在籍しており、トレーナー活動についての学びを実践で活かせるフィールドがあります。

また、附属接骨院でスポーツ外傷の患者さんを診る機会も非常に多く、将来スポーツ選手を支えていく仕事をしたい人にとって最適な環境になっています。柔道整復師の養成校では数少ないスポーツに特化した本校で国家資格とともに競技者を支えていく技術も習得し、夢を一緒に実現させましょう。

Teacher

柔道整復科

樫本 啓良 先生

本校の併修コースは、競技活動を本格的にしながら医療系の国家資格が取得できる全国でも数少ない専門学校です。柔道整復師は、患者さんの身体に触れ治療する、責任のある仕事。簡単に取得できる資格ではありません。しかし、これまで多くの学生が文武両道を実現してきました。本校は少人数制で、勉強のサポートなど教員一丸で対応しています。競技も勉強も。ルネスでしかできないことに挑戦してみてください。