入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ専攻
 

関西サッカーリーグ1部昇格

関西サッカーリーグ1部昇格 集合写真

男子サッカー専攻が所属している、関西サッカーリーグ2部で最終節、FC堺戦(3位)で2-2の引き分けで終了し2位が確定し、来年度(2010年度)の関西サッカーリーグ1部参入が決定しました。 2年制という事もあり、毎年メンバーが大幅に変わる中、創部以来の悲願であった1部昇格を果すことが出来ました。 様々な方に、支えられた事、心から感謝しております。
1部には、アイン食品SC、三洋電機洲本SCなどの企業チーム。JFL参入を目指す、バンディオンセ加古川、ASラランジャ京都、奈良クラブなど強豪が多く、来季は更に厳しい戦いになると思いますが、引き続きご声援の程よろしくお願い申し上げます。

男子サッカー専攻一同



1部昇格までの軌跡

※KSL=関西サッカーリーグの略称

2003年 ・KSL(10位/滋賀県リーグ降格)※1部リーグ制
2004年 ・滋賀県リーグ優勝 (関西府県リーグ2位/入れ替え戦に勝ちKSL2部昇格)
・天皇杯全国大会出場 (決勝:ルネス学園甲賀SC2-1びわこ成蹊スポーツ大学)
・全国専門学校大会優勝
2005年 ・KSL2部 (3位/2部残留)
・KSL2部ベストイレブン
 内野勝彦(GK・弥冨高校出身)2年生
 田口大輔(MF・久御山高校出身)2年生
・全国専門学校大会優勝
2006年 ・KSL2部 (7位/入れ替え戦に勝ちKSL2部残留)
2007年 ・KSL2部 (3位/2部残留)
・KSL1部ベストイレブン、最優秀新人賞
 内野勝彦(GK・弥冨高校出身・アイン食品SC所属)※OB
2008年 ・KSL2部 (4位/2部残留)
・KSL2部ベストイレブン
 志水克行 (DF・野洲高校出身)2年生
 濱田雄太 (MF・徳島ヴォルティスユース出身)1年生
・KSL2部ベストイレブン、得点王
 岩田尚記 (FW・京都翔英高校出身・滋賀FC所属)※OB
・KSL1部ベストイレブン
 内野勝彦 (GK・弥冨高校出身・アイン食品SC所属)※OB
・全国専門学校大会全国優勝
2009年 ・KSL2部 (2位/1部昇格)
・KSL2部得点王、アシスト王
 濱田雄太 (MF・徳島ヴォルティスユース出身)2年生 
※ベストイレブンは12月に発表

2009年シーズン成績

最終順位 第2位
戦 績 8勝3分4敗 / 得点63 / 失点35(得失点差+28)
表 彰 アシスト王・ベストイレブン/濱田雄太(2年生・徳島ヴォルティスユース出身)
ベストイレブン/梅村エイジ(2年生・野洲高校出身)
選 抜 滋賀県国体選抜選出・トキめき新潟国体出場
GK 小西喜仁(2年生・八幡商業高校出身)
DF 上野幸弘(2年生・佐伯豊南高校出身)
   四ヶ浦貴征(1年生・洛東高校出身)
   澤純一(2年生・八幡商業高校出身)
MF 細木博文(1年生・水口高校出身)
   藤本信夫(2年生・大阪産業大学付属高校出身)
   梅村エイジ(2年生・野洲高校出身)
FW 濱田雄太(2年生・徳島ヴォルティスユース出身)
その他 全国専門学校大会出場(10月13日からトーナメント開催)
第1節
4/11(土)

VS FC堺 2-4 負け
開幕戦、初戦の硬さからか、セットプレー3発にヤラレル。立ち直すことが出来ず敗戦。


第2節
4/18(土)

VS JST 7-0 勝ち
自慢の攻撃陣が爆発!一挙7得点の快勝。


第3節
4/25(土)

VS 京都紫光 1-0 勝ち
相性の悪い相手に豪雨の中、終了間際に値千金の決勝ゴールで勝利。


第4節
5/2(土)

VS ディアブロッサ高田 2-4 負け
昨年度の1部在籍チーム相手に攻守のバランス崩し2敗目。


第5節
5/9(土)

VS 神戸FC 9-1 勝ち
豊富な運動量を武器にチーム最多の9得点で勝利。


第6節
5/16(土)

VS 奈良クラブ 3-3 引き分け
元J選手が多い強豪チーム。ロスタイムに疑惑のゴールを奪われ天王山引き分け。


第7節
6/6(土)

VS 三菱重工神戸 7-2 勝ち
猛暑の中での1戦。後半に怒涛の攻撃でWIN!


第8節
5/9(土)

インフルエンザ流行で順延
この順延分で最終節まで昇格がもつれ込む事に・・・


第9節
6-13(土)

VS JST 7-3 勝ち
大量得点も3失点…


第10節
5/9(土)

VS 京都紫光 4-2 勝ち
10番亮平のファンタジーなプレーで苦手京都に今季2勝目


第11節
6/27(土)

VS ディアブロッサ高田 5-2 勝ち
昇格争いが混戦で負けられない試合。集中力を持続し昇格争いに残る。


第12節
7/4(土)

VS 神戸FC 2-3 負け
勝てば自力昇格が出てくるプレッシャーの中、新生神戸に厳しい負け。


第13節
7/12(日)

VS 奈良クラブ 3-6 負け
2度目の天王山。激しいプレーが多くなる。三崎リーグ戦初ゴールもレッドカード退場で、流れ変えられず痛い連敗。昇格争いが厳しい状況に。残り2試合に望みを懸ける。




第14節
7/20(月)

VS 三菱重工神戸 7-1 勝ち
3年敗を避けるべく攻撃的にいき快勝!
昇格に王手の状態で約2ヶ月後の最終節に備えて準備を進める。


第15節
10/4(日)

VS FC堺 2-2 引き分け
前半2分で失点で、嫌な空気が流れるが、藤本、濱田のゴールで最終的には2−2の引き分けで、関西1部昇格を決める!
リーグ戦では失点が目立ったものの、攻撃的なサッカーが功を奏し、最終的には得失点差が大きなアドバンテージとなった。
来年度は更に厳しい戦いが待っている。しっかりと修正して来年度に向けて再出発中である。